精油卸の前に
  エッセンシャルオイル
  植物の免疫力が精油
  精油の品質
  オーガニック精油
  ケモタイプとは
  アロマオイルと油
  ホリスティックとは
  ラベンダーの種類
  香り重要?
  ご使用上の注意
  個人情報
  特定商取引法表示
  サイトマップ
オーガニック精油卸

精油(エッセンシャルオイル)卸専門Essence-Organic Pty.Ltd.のアドバイザーからの日本の皆様へのメッセージ



精油卸 輸出・輸入予定


ACO保護活動



SSL


豪州政府機関オズトレードによりPure-As精油卸商品一部をサポートされています

ガスクロ検査成分表付アロマオイル

精油卸と豪州政府

安心を確実に成分表付エッセンシャルオイル卸

精油成分表 【ガスクロマトグラフ分析計(GC)】

ガスクロ分析装置

アロマオイル成分表 ガスクロ分析?

弊社ではエッセンシャルオイル筆頭に大自然の実力をお届けいたしております。
アロマテラピーで入手したいアロマオイルの一番の決め手が、格安オイルとの混ざり物のない効能が確実なもの。アロマオイルも保存状態・期間により成分が変化いたしますが、輸入される前に、ガスクロ成分分析により最新のアロマオイル成分表をご購入前に確認いただけます。
Pure-Asアロマオイル エッセンシャルオイルには成分表(英文)・インキ名・MSDSがあります。ご注文の際にお申し出ください。ラベンダーは酢酸リナリルが35%以上で初めて、鎮静効果がもたらされます。こだわった素材や農薬の入っていないものを是非選んでください


精油会社によるガスクロマトグラフィー装置の特徴

◆水溶液、有機溶剤、ガスの有機化合物について高感度の定量が可能で、工場排水や環境水の分析や作業環境測定などに利用されます。
◆検出感度が良く、有機化合物であれば1~数十ppmオーダー、無機ガスであれば0.1%オーダーの定量が可能です。
◆物質特性に応じた各種検出器を選択することで、カラム内で分離させた各成分について、より感度の高い定量を行うことが可能になります。


ガスクロマトグラフィー装置の原理

ガスクロマトグラフ分析計(GC)は下記のような原理で豪州精油会社で分析を行います。
①気体試料、気化した液体試料などをキャリヤーガスによってカラム(分離管)内で展開分離させます。
②その分離された成分の特性に応じて検出を行い、得られたクロマトグラムより定量分析を行います。

仕入先体制について
Essence-Organic Pty.Ltd.は豪州法人精油会社でガスクロ分析成分表をお付けできる数少ない商社です。オーストラリアの歴史のあるオーガニック水準を認定された生産者を含む約10社から仕入れております。オーストラリア国外からの輸入の場合は、仕入先商社が下記の9種類のテストを各専門家が重ねることによって、精油の物理的で科学的な数値を徹底的に調べることをしています。英語原文でのMSDS(物質安全データシート=製品の安全性を示す比重、屈折率、施光度等の具体的数値の書かれたシート)安心の証。成分表を提示できます!下記のテストを各専門家が行うことによって化学薬品や農薬が使用されていないことを一つ一つの精油全てにバッチ番号を与え、テストし、合格したものだけが、製品として出荷されます。
GLC
(ガス・クロマトグラフィー検査)
オーガニックエッセンシャル オイルに含まれる化学薬品、農薬、その他人工合成物を確実に見つけます。物質をガス状態にして,分離カラムにより分離・検出する分析法。 すべての製品には、バッチ番号が与えられ、この分析評価がトレースできます。
視覚のおよび嗅覚検査 視覚と嗅覚で精油の半透明性、色、粘着性、溶解度を検査。香りは、品質を維持するために基本的であり最も大切な検査です。
比重検査 水の密度1に対しての物質の密度の比較検査。成分表の中の指針でもある比重は水の密度で物質の密度を割った数値です。 水には1グラム立方センチメートルの密度があり、分母と分子の単位が同じなので、単位は消え、比重は物質の密度と同じ数値になります。このテストは精油の成分により比重が異なるため、純粋性の基準となります。
屈折率検査 精油を真空状態に置き、光がオーガニックエッセンシャル オイルを通る速度から異物を特定する検査。光を透過させた際の速度と透明な標本に光を透過させた際の速度との比率。 屈折率は光が通っている液体(精油)の物理構造によって変化します。光を通すことによって、物質内の異物を特定し、屈折率が高いほど分散の量がより大きく、物質の品質が高いということになります。
酸価検査 精油の水酸化カリウムを測定します。水酸化カリウムは脂肪に含まれる遊離酸の量を中和するために必要なものです。このテストで物質の変質が測定でき、新鮮さを計る基準となります。
水酸基価値検査 有機物質の中に分類される水酸基(一価OH)の測定です。
ヨヨウ素価検査 ヨウ素の測定、オイルの非飽和度の基準です。低ヨウ素価は高度の飽和を表します。
鹸鹸化価検査 鹸化価は1グラムのサンプルをミリグラムの水酸化カリウム(KOH)の数が鹸化させるのに必要なアルカリの量です。
重金属検査 重金属(水銀(Hg)、鉛(Pb)、ニッケル(Ni)、銅(Cu)、亜鉛(Zn)、カドミウム(Cd))の有無をテストすることができる。


弊店野生精油・オーガニック精油(アロマオイル)

弊店はオーガニック精油・野生精油の双方をご希望によりご提供。
日本国内には、まだオーガニック精油認定機関がございませんが、弊店取扱商品は海外認定機関により認定された良品質の精油を卸販売させていただいております。
認定オーガニックオイルになると、極端に価格が高騰するものと、さほど野生オイルと価格が変わらないものの一番の原因は、その植物を育てる為に害虫駆除が要るか要らないかによるものが大きく影響します。ティーツリーやユーカリなどは、もともと害虫対策が必要なく、オーガニックの認定を受ける際には、環境(水・土壌)の調整が必要になります。


USDA精油IFOAMオーガニック精油ACO認定オーガニック精油IFOAM認定精油
海外ではヨーロッパ中心にオーガニックアロマオイル・アロマテラピーのステータスは高く、オーガニック(有機農法のオイル)基準は世界一律しています。それが世界IFORM(International Feration Of Agriculture Movements)やアメリカUSDA(National Organic Program)日本JAS(the Japanese Organic Standerd食べ物のみ), the EU organic Regulations, ACO(Australian Certified Organic)です。上記にある団体のひとつACO(NPO非営利団体)はオーストラリア政府の要望を得て、海外への輸出品基準を設定・認定するBFA(Biological Farmers of Australia/1980年代初期設立)傘下機関として2001年はじまりました。
ローズ・カモミール・ラベンダーエッセンシャルオイル

精油・キャリアオイル卸 精油卸の消費期限について

当店のオーガニックアロマオイルの消費期限は精油の種類によりますが、ご購入日より1年から2年を目安にしてください。 (消費期限が差し迫った商品は販売いたしておりません。) 当店では消費期限を過ぎたアロマ卸は一切しておりません。いつも新鮮な精油をお届けいたします。

補足

当店のオイルは生産の過程で一切の化学肥料や農薬を使用していない100%ピュアのものです。日本アロマ環境協会表示適合資格はラベルの表示が適当であるかで、精油の品質を保障するものではありません。

本店の活動当店は売り上げの一部をオーストラリア森林保護活動やフェアトレード基金に寄付しております。フェアトレードは、持続可能な発展を推進し、環境を守る力となります。また、手仕事やオーガニック農法を重んじ、自然資源の持続可能な使い方と、資本や石油に依存しない生産方法を支援することで、CO2排出量の削減を目指します。フェアトレードでは、生活水準を満たす賃金と長期的なパートナーシップを大切にするため、生産者パートナーが環境にやさしい生産に投資することを可能にします。また、このような取り組みは、生産地のみならず世界中で、環境への意識を高める役割も果たします。

精油(エッセンシャルオイル)・キャリアオイル 品質に関しまして

●命を大切に考えています!当店仕入先は動物実験を一切行っておりません。

エッセンシャルオイル原料
【品質】
ワインが同じメーカでもその年の天候によって、美味さ違うのは周知の事実ですが、天然物であるエッセンシャルオイルもおなじです。
【影響要因:】
 産地・ 天気・ 蒸留条件・ 栽培方法 生育環境・
 収穫時期(ハーブが半開 または 7部咲き、果実が未熟 完熟)

どの時期に収穫し、蒸留したかによって違う製油として販売される場合もあります。
生産地の高度によっても香が変わることがあります。例えばラベンダーの場合、酢酸リナリルは標高が高くなればなるほど増え,香も甘くなります。

精油・キャリアオイル卸 工場見学


左から営業担当トレーシーさん、工場長・薬剤師スコットさん
トレーシー、工場長・薬剤師スコット、藤本ホホバオイルOEM工程
写真には写りたくなさそうではありましたが、仕入れ担当のアシュラフさん
写真が嫌いだったようですが、その後自分の写真を送るってもらうようにリクエストがきました。

藤本、仕入れマネージャー



ph検査室
ph検査ph検査2


工場内
バッチ番号管理工場内
工場内2工場内3



倉庫
ドライ原料倉庫


バッチ管理室
バッチ毎保管場所1バッチ番号毎保管場所2


倉庫
倉庫1倉庫2倉庫3倉庫4

精油卸農場情報

タスマニアの北に位置するラベンダーファームに行ってきました。11月はラベンダーがちょうど咲きかかった頃で、1月半ばに収穫され、エッセンシャルオイルを抽出するそうです。

個人所有では世界で一番面積の広いラベンダー畑です。オーナーのロバートはシドニーに住んでおられ、毎月1度タスマニアに来られるそうです。うらやましい生活です。

ラベンダーファームの見学
ラベンダーファームの見学2

お客様の声


精油・キャリアオイル卸 お申し込み

  1. 御社名
  2. ご担当者名
  3. ご住所
  4. Emailアドレス
  5. お電話番号
  6. ご要望
    ご記載の上こちらからお申し込みください、平日中にご返信させていただきます。
           精油卸価格をチェックする

お気軽にお問い合わせください。

  • Email: support@essence-organic.com
  • TEL: 050-5806-7648(平日9時~17時)
     *インターネット豪州直通ダイアル*日本国内050までの料金がかかります。
    *音声の質が聞きづらい場合は弊店からお電話かけなおしさせていただきます。
  • FAX: 050-3488-4533(年中無休・24時間受付) 


精油卸メディア紹介

精油YouTubeスペース精油Facebookスペース精油写真スペース精油Twitterスペースアロマブログ
精油卸メディア掲載
精油卸工場見学



ph調整



店長ブログ
精油店長ブログ

セラピストスクール
セラピストスクール


アロマ卸EO会社
Company Registration

認定書

認定書1

認定書2

スタッフブログ

アロマスタッフブログ
ページのトップへ戻る
成分表付き精油卸専門Essence-OrganicPty.Ltd.精油会社
ページのトップへ戻る