パインスコッチとニードル

本日10日は英国クウィーンの誕生日で、独立国とはいえオーストラリアも(ウェスタンオーストラリア州を除いて)休日です。
先日パインスコッチとパインニードルの違いについてご質問を受けました。
結論は、同じです。

英語名は、香りの印象や植物の形の印象・産地などでわかりやすく決められることが多く、
詳しくは、学名(ラテン語)を見ると同じであることが大抵わかります。学名詳細→こちら

パインスコッチは、日本語名でヨーロッパ赤松と呼ばれ、葉っぱがまるい広葉樹と違って先がとんがった針葉樹(針=ニードル)の様な形をしているので、パインニードルと呼ばれるようです。
アトピーなどに良いとされ、スプルースブラックとともに有名なこちらのパインスコッチもお勧めです。


Comments are closed