ホホバオイル鯨の油

アメリカ本土の原住民が何世紀にも渡り使ってきたホホバオイル
切り傷・火傷、髪の毛のトリートメントとしてメインに使われてました、時には食べ物がない時期空腹しのぎにも食べられました。
1930年代から簡単な研究が始まりましたが、1970年代にアメリカで鯨の油使用を禁止されて以来、鯨油と似た成分で変わりとして注目が集まり、1970年中ごろになると、オーストラリア CSIROもホホバオイルの重要性に注目しニューサウスウェールズ州政府と共同で
ホホバをオーストラリアでも生育させることとなりました。今ではほとんどすべての州で育てられています。

クイーンズランド州(Goondiwindi、Bourke, Forbes)、ニューサウスウェールズ州(Griffith)、ウェスタンオーストラリア州(Wagin)は特にホホバオイルが育つ環境に適しています。
オーストラリア全土で20件の農家、350ヘクタール、40トンの生産高を誇ります。
まだまだ、価格調整ができず在庫には復帰できていませんが、近いうちに・・・・・。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>