マカダミアナッツ

以前にもご紹介しましたが、マカダミアはオーストラリアの北部が原産で、アボリジニーも持ち歩いて食用にしていたようです。
マカダミアも沢山種類があるようで、大きく2つのグループに分かれます。
①Tropical Group(Macadamia hildebrandii や Macadamia whelani):食べられない
②Subtropical Group(殻がラフなMacadamia tetraphylla や 殻がスムーズなMacadamia integrifolia):食べられる

食用や化粧品等商業用に使われるのは 2番目のグループ
弊店で今回輸入させていただいたものは、その2番目のグループのハイブリッド(品種改良された)Macadamia tegrifoliaでアメリカで商業用に栽培されはじめた1920年代から栽培されるようになりました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>