Category Archives: キャリアオイル

ホホバオイル鯨の油

アメリカ本土の原住民が何世紀にも渡り使ってきたホホバオイル 切り傷・火傷、髪の毛のトリートメントとしてメインに使われてました、時には食べ物がない時期空腹しのぎにも食べられました。 1930年代から簡単な研究が始まりましたが、1970年代にアメリカで鯨の油使用を禁止されて以来、鯨油と似た成分で変わりとして注目が集まり、1970年中ごろになると、オーストラリア CSIROもホホバオイルの重要性に注目しニューサウスウェールズ州政府と共同で ホホバをオーストラリアでも生育させることとなりました。今ではほとんどすべての州で育てられています。 クイーンズランド州(Goondiwindi、Bourke, Forbes)、ニューサウスウェールズ州(Griffith)、ウェスタンオーストラリア州(Wagin)は特にホホバオイルが育つ環境に適しています。 オーストラリア全土で20件の農家、350ヘクタール、40トンの生産高を誇ります。 まだまだ、価格調整ができず在庫には復帰できていませんが、近いうちに・・・・・。

キャリアオイルの香り

キャリアオイルには全てヴァージンで圧搾された際には、ナッツ等の香り+栄養素が豊富に含まれます。 何度か精製されて無色透明+脱臭されます。 ホホバなどでもあるように最初黄色から透明になるまで2・3度精製されます。 弊店のホホバオイル有機は、未精製ですが、ナッツの香りが心地よくさせます。 化粧品原料で香りを他の精油のものと混ざりたくない際には、精製を重ねたオイルが使われますが、キャリアオイル自体の効能を高める為には、精製の回数は少ないほど高品質で良いとされます。 ******************************************************************************* Essence-Organic Pyt.Ltd. 本社:P.O.Box778 マクラウド市ヴィクトリア州オーストラリア 倉庫:滋賀県草津市草津町1553-30 営業:平日9時~17時 Tel:050-5806-7648 Fax:050-3488-4533 ________________________________________________________       会社URL http://www.essence-organic.com/       商品URL http://www.pure-as.com/        ********************************************************************************

マカダミアがベースオイルで人気に!

オレイン酸が多く、肌に刺激が少ないベースオイルとしてスウィートアーモンドが主流で使われてきましたが、最近オレイン酸が多く、またパルミトレイン酸も20%ほど含まれているマカダミアが人気になってきています。 パルミトレイン酸が同じ20%含まれている物にはヘーゼルナッツもあります。 パルミトレイン酸はヒトの皮脂中に10%以上含まれ、皮膚の再生に重要な役割を果たしていると考えられています。化粧品としてもしわ防止、老化防止の効果が期待されています。 ******************************************************************************* Essence-Organic Pyt.Ltd. 本社:P.O.Box778 マクラウド市ヴィクトリア州オーストラリア 倉庫:滋賀県草津市草津町1553-30 営業:平日9時~17時 Tel:050-5806-7648 Fax:050-3488-4533 ________________________________________________________       会社URL http://www.essence-organic.com/       商品URL http://www.pure-as.com/        ********************************************************************************

キャリアオイル

特に女性に多いのが、肌に栄養をしっかり補給したい方 ホホバオイルやオリーブオイル 反対に軽めのオイルがいい場合 グレープシード ブレンドして使いやすいマッサージのプロが好むのが、 スウィートアーモンド・アプリコットカーネル・マカダミア・オリーブ・サンフラワー・ココナッツ ビタミンEや小麦胚芽、ローズマリー葉エキスを追加すると保存期間を伸ばすことができます。 ******************************************************************************* Essence-Organic Pyt.Ltd. 本社:P.O.Box778 マクラウド市ヴィクトリア州オーストラリア 倉庫:滋賀県草津市草津町1553-30 営業:平日9時~17時 Tel:050-5806-7648 Fax:050-3488-4533 ________________________________________________________       会社URL http://www.essence-organic.com/       商品URL http://www.pure-as.com/        ********************************************************************************

マカダミアナッツ

以前にもご紹介しましたが、マカダミアはオーストラリアの北部が原産で、アボリジニーも持ち歩いて食用にしていたようです。 マカダミアも沢山種類があるようで、大きく2つのグループに分かれます。 ①Tropical Group(Macadamia hildebrandii や Macadamia whelani):食べられない ②Subtropical Group(殻がラフなMacadamia tetraphylla や 殻がスムーズなMacadamia integrifolia):食べられる 食用や化粧品等商業用に使われるのは 2番目のグループ 弊店で今回輸入させていただいたものは、その2番目のグループのハイブリッド(品種改良された)Macadamia tegrifoliaでアメリカで商業用に栽培されはじめた1920年代から栽培されるようになりました。