Category Archives: Australia

冬のユーカリ

今日は最低気温9度と最高気温12度のメルボルン、日光がさわやかだったので、公園へ カラフルな鳥(Rainbow Lorikeet) 公園のほとんどが700種類以上あるといわれるユーカリの木、葉をこすったり折り曲げたりすると、エッセンシャルオイルの香りがします。 ユーカリの木は、紅葉もなく一年中青々していますが、香りはオーストラリアの秋のほうが強く、ロザリーナやティーツリーレモン等もこの時期に抽出されます。 杉の木のように一本の幹から細い枝が分かれている様ではなく、ユーカリの木は大体幹が沢山分かれているようです。 少し暗くなったときに写真を撮ると、 怖い感じに・・・。 こちら(下)木は、Victoria州よくある、ユーカリのレッドガム(学名:Eucalyptus Camaldulensis)、よく見ると、きれいな鳥Cockatoo( Sulphur Crested)がいました。この鳥は100年近くも生きるそうです。

ヤラ川で

メルボルンの中心街を流れるヤラ川の真ん中におしゃれなカフェがありました! 水の近くにいるとなんだか落ち着きます

サマータイム終了

今週からメルボルンはサマータイムが終了です。 日本から1時間違いになりました。 夏の空ともしばしのお別れ。 ****************************************************************************** Essence-Organic Pyt.Ltd. 本社:P.O.Box778 マクラウド市ヴィクトリア州オーストラリア 駐在所:滋賀県草津市草津町1553-30 営業:平日9時~17時 Tel:050-5806-7648 Fax:050-3488-4533 ________________________________________________________       会社URL http://www.essence-organic.com/       商品URL http://www.pure-as.com/          ********************************************************************************

輸入

緊急で少量の輸入をする際がございます。 お客様へ直接オーストラリアから送る事ができない理由は、 輸入する際には検疫でランダムに調べられるからです。 日本の治安などには欠かせない作業ではあるのですが、正当な商いにとっては、余分な時間とコストがかかってしまいます。 輸入業者には納品住所等を登録した輸入業者としての番号が与えられ、実績を積むと検疫からの信用をもらえます。当然ランダムな検査も少なくなります。 登録していない住所や名前に輸入すると、丸一日検疫にかかり、コスト(検査場への荷物移動代や人件費代)も輸入者の負担に・・・。 結局、弊社で登録した番号を使って輸入するほうが時間とコストを抑えられます。

オーストラリア産植物で作られた商品

農園には、数十種のユーカリやティーツリーが植えられ また、ショップにはフランジパニ サンダルウッド レモンマートルなどの商品 カフェには、マカダミアナッツを使ったケーキなど オーストラリア三昧でした。

ACO認定オーガニック精油(農場)

認定オーガニック作物の市場は、オーストラリアでは急激に伸びている市場です。 ACO(Australian Certified Organic)が取り組むアプローチを少しご紹介 農場がオーガニック認定をうけれるような土壌を作るのに約3年かかります。 ステージ1: 1年目は全て準備段階で認定を受ける作物は認定基準の水や肥料、環境で育てられますが、育った作物はACOの検査対象になるだけで、市場には出回りません。 ステージ2: 2年目の作物も認定基準に沿ってそだてられ、完全に認定されていない2年目のオーガニックとラベルに記載され市場に出ます。 ステージ3: 毎年検査をうけ、3年目にして育った作物がやっと認定されたオーガニックとして市場に出ます。 遺伝子組み換えのものは、オーガニックとしては認定されません。昔ながらのやりかたのみです。 ******************************************************************************* Essence-Organic Pyt.Ltd. 本社:P.O.Box778 マクラウド市ヴィクトリア州オーストラリア 倉庫:滋賀県草津市草津町1553-30 営業:平日9時~17時 Tel:050-5806-7648 Fax:050-3488-4533 ________________________________________________________       会社URL http://www.essence-organic.com/       商品URL http://www.pure-as.com/        ********************************************************************************

オーストラリアの天然資源

メルボルンの中心街から車で約30分、石油の精製所です。 オーストラリアは、金・石油・ニッケル・ダイヤモンドなどありとあらゆる天然資源の宝庫。 現在は中国に原料を輸出し、オーストラリアの経済はこの世界経済の状況の中まだまだ好景気(衰え気味ですが)です。 豪州の天然資源で唯一足りなかった水も、ここ2年間の間にダムに70%(だったと思います)たまったようです。 豪州の中で天然資源の輸出が唯一伸びていた産業でしたが、昨今の中国からの需要減や原料の価格低下で、不調気味のようです。 政府は、この産業(大企業のみ)に30%も7月から税金を上げたようですが、9月〆の結果は税金の歳入は何も上がらなかったとか。税金を上げては解決しない問題なんですね。 ******************************************************************************* Essence-Organic Pyt.Ltd. 本社:P.O.Box778 マクラウド市ヴィクトリア州オーストラリア 倉庫:滋賀県草津市草津町1553-30 営業:平日9時~17時 Tel:050-5806-7648 Fax:050-3488-4533 ________________________________________________________       会社URL http://www.essence-organic.com/       商品URL http://www.pure-as.com/        ********************************************************************************

AesopやJurliqueなどの化粧品メーカのご当地オーストラリア事情:化粧品ができるまで

AesopやJurliqueなどの化粧品メーカのご当地オーストラリア事情 【化粧品に使っていい成分かを判断】 Australian Inventory of Chemmical Substances(AICS)のサイトに許可される成分が全て載っています。 許可されていない成分の場合、AICSに使用量等を報告し、成分の種類・どのように使用するか・試用期間を届出し、許可を得ることも可能です。 【ラベル記載】 Australian Conpetition & Consumer Commission)(ACCC)はラベル規制の機関 オーストラリアで市販される化粧品には、下記の記載が無ければいけません。 商品名 使用方法 製造元住所 使用上注意 海外で製造された場合は、その国名 容量 エッセンシャルオイルでも同じですが、”化粧品”は肌の一番上の層までの効能をうたえ、それより深い層への効能をうたうことは”セラピューティック”グレードのものでしかできません。 エッセンシャルオイルで、コスメティックグレードとセラピューティックグレードと呼ばれることがありますが、オーストラリアや外国での規制の基準でグレードが分かれています。コスメティック(化粧品)グレードより、セラピューティックグレードのほうが品質は良いとされ2倍ほど価格が違う場合もございます。 【広報】 効能をうたうのにガイドラインがあります。Therapeutic Good Administration 虚偽の取り締まり: Australian Competition&Consumer Commission 成分の取り締まり: National Industrial Chemicals Notification and Assessment Scheme 少し、脱線ですが、オーストラリアではSPF30以上の日焼け止めなどを市場に出すことは禁止されています。

Yarraville古い建物を大切に

先日ヤラヴィルという街に行ってきました。 小さな町で、昔ながらの建物を大切にしている様子がわかります。 今でも開いている映画館 中を改装したカフェ > 古い建物が価値があるといわれます。 ******************************************************************************* Essence-Organic Pyt.Ltd. 本社:P.O.Box778 マクラウド市ヴィクトリア州オーストラリア 倉庫:滋賀県草津市草津町1553-30 営業:平日9時~17時 Tel:050-5806-7648 Fax:050-3488-4533 ________________________________________________________       会社URL http://www.essence-organic.com/       商品URL http://www.pure-as.com/        ********************************************************************************

ヴィクトリア州はオーガニック農法を教育

ACOはオーガニックの認定作業をする機関ですが、その親組織にBFABiological Farmers of Australia があります。 2010年5月より、ヴィクトリア州はオーガニック農法を教育に入れるため、ヴィクトリア州のオーガニック農家200件の協力を得、農法を90の小学校の子供たちに直接教えるプログラムを開設しました。 オーガニック農法は土壌の管理のしかたから、水が少ないオーストラリアならではの水の管理の仕方、害虫対策までカバーされています。 オーストラリアの小学校高校は、幅広い分野のカリキュラムがあります。言語だけでも中国語・ドイツ語・日本語・フランス語・スペイン語、各種ダンス・ドラマ(演技)・ディベート・焼き物など。 興味がある生徒はさらに詳しく勉強することができるようです。 オーガニック農法もそのカリキュラムの一つのようです。 ******************************************************************************* Essence-Organic Pyt.Ltd. 本社:P.O.Box778 マクラウド市ヴィクトリア州オーストラリア 倉庫:滋賀県草津市草津町1553-30 営業:平日9時~17時 Tel:050-5806-7648 Fax:050-3488-4533 ________________________________________________________       会社URL http://www.essence-organic.com/       商品URL http://www.pure-as.com/        ********************************************************************************